026-232-2205 〒380-0861 長野県長野市横沢町687 026-232-2205 〒380-0861 長野県長野市横沢町687
診察時間 日祝
9:00~12:00
17:00~18:00

◎:院長

:休診日

よく手を洗いましょう!

 新型コロナウイルス対応のため、いえ、正直に言うと自分の筆無精のためブログの更新が滞りました。

 楽しみにしている!という方も居られまいとも思うので、マイペースでいきます。

 

 今回は「病気でなければいいのにと言う気持ち」についてです。

 

 健診や定期診察でおこなわれる血液検査をします。担当医師がちょっと困りながら/憮然としながら/無関心そうに/、まあいろいろな医師の様子がありますが、検査値の異常値を説明されたとき、どんな気分だったでしょうか。

 大概は「まいったなぁ。」とか「どうしよう、、」とか「どうしたらいいんだ?」というような不安な気持ちになるだろうと考えます。

 言われ方によっては怒りの感情すらあってもおかしくありません。「なぜ自分が?」とか「健康的な生活を送っているのにありえない!」と考えたりもするでしょう。

 

 「あなたは病気です。原因は遺伝的な要因が大きく、いわば体質です。」

 

 このことを突然に突きつけられて平然としていられるわけがありません。

 後半の遺伝的な要因についてはさておいても、「あなたは病気です。」の部分だけでも、にわかには受け入れがたいものです。

 病気がどうかはおいておこう、これからどうしたらいいのか?どうすれば大事にいたらずにすむのか?と考えが進むでしょう。

 担当医師も飲酒/過食/塩分摂取/運動習慣等について聞いてきますから、いわゆる生活習慣を何とかしなければと考えるのが当たり前です。

 ここでさらに「これは生活習慣病というもので、、」といった内容を説明されると、「私の生活習慣のせいで検査値がよくないんだ!」と考えたくなるのも自然です。

 「私は病気でなければいいのに。いや、病気ではない。たまたま今までの習慣がよくなかっただけなんだ。まして望まない遺伝的な体質があるかもなんて考えたくない。これは、自分の悪しき生活習慣こそがもたらした検査値だ。」

 こう考えると、検査値が改善されないときには「 病気じゃなくて習慣のせいだ 、悪しき生活習慣を変えられない自分のせいだ、自分が悪いんだ。」という気持ちにつながりやすいのでないかと考えます。

 

 病気を認めたくない気持ちが強かったり、体質について説明されていなければ、検査値異常は自分の生活習慣のせいであるから申し訳ない、といった気分になってしまうのではなかろうかと考えています。

 ちなみに今回書いたことは、15年前、体重がまさに90kgにならんとするとき、体重計の数字窓をのぞきこみながら自問自答していたことが基になります。

生活習慣病という病

 なぜ多くの方が「申し訳ない」ような気分になってしまうのか。私は、以下の4つの理由からではないかと考えています。

1、「生活習慣病」という言葉

2、病気でなければいいのにという気持ち

3、自己責任論

4、医療者の思考と態度

 今回は、「生活習慣病」という言葉についてです。

 wikipediaから抜粋すると、

「糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられる疾患の総称。かつて加齢によって発病すると考えられたために成人病と呼ばれたが、1980年台から若者の発症も目立つようになり、その後の調査で生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため予防できるという認識を醸成することを目的として呼び方が変わった。」だそうです。

 ふーん、どんなに健康的な生活をしていても糖尿病を発症することはめずらしくないんですけどねぇ、、、、

 なんだかとってもモヤモヤします。ここは厚生労働省がなんと言っているか、見るべきですね。

 厚生労働省e-ヘルスネットによると、

「生活習慣が原因で起こる疾患の総称。重篤な疾患の要因となる。食事や運動・喫煙・飲酒・ストレスなどの生活習慣が深く関与し、発症の原因となる疾患の総称です。以前は「成人病」と呼ばれていましたが、成人であっても生活習慣の改善により予防可能で、成人でなくても発症可能性があることから、1996年に当時の厚生省が「生活習慣病」と改称することを提唱しました。」だそうです。

 後半ぼかしてますが、いきなり、生活習慣こそが原因、って言い切っているようにも読めるのですが、、

 私は糖尿病専門医として、少なくとも糖尿病について、この記載は適当でないし、正しくないと考えます。

 

 なぜ食べ過ぎもせず間食もしない禅僧の方の血糖が正常値を超えるのか。

 なぜ(稽古はたくさんするとはいえ)あれほど食べて太っている力士のほとんどが糖尿病ではないのか。

 

 それは、糖尿病の原因が生活習慣だけではないからです。

 必ず「血糖が高くなりやすい体質」が原因のひとつとしてあるからです。繰り返しますが、「体質ありき」なのです。

 「血糖が高くなりやすい体質」の程度によっては、本人がどれだけ努力をしようと血糖を正常範囲内に収められないことは実によくあることです。

 

 ですが、厚生労働省にこんな事を言われたら、誰でも「運動しない・食べすぎているから病気になってしまったんだ」と考えて、それまでの生活を後悔してしまっても仕方ありません。過去を後悔し、「申し訳ない」ような気分になってしまうのではないでしょうか。

申し訳なくないのです

 一番最初のブログ記事に何を書くべきか、を考えに考えた挙げ句、一周回って結局よくわからなくなってしまった院長の春日です。

 何を描くかは描いてみないとわからない、と言った大画家もいるのですから、とりあえず書き始めてみて、「申し訳なさそうな」について書くことにしました。

 

 健診や日々の診療の検査値の説明で、血糖値、コレステロール値、中性脂肪値が高いことをお話しすると、「申し訳ない」とか「不甲斐ない」という言動や表情をされる方がいらっしゃいます。

 曰く「ちっとも運動していなくって」とか、「食べてばっかりいるから」とか、「甘いものがどうしてもやめられなくて」とか。さらにはこれらの言葉の前に「すみません、実は、、」と謝罪をするかのように切り出す方もいらっしゃいます。

 そうです、なにより言いたいことは「申し訳ないような気分になることなどないですよ」ということです。ああ、これが書きたかったことです。ここまでウロウロと書いてやっとたどり着きました。

 

 ではなぜ、「申し訳ないような気分になることないですよ」と私が考えるのか。

 それは、検査の値が高いのはあなたの運動や食習慣によるものではないから、と私は考えるからです。なので、あなたは自分の生活習慣について申し訳ないような気分にならなくていい、と考えるわけです。

 血糖値が高い、血圧が高い、コレステロール値が高い、中性脂肪値が高い等々。これらはみな、それぞれの方々がもつ体質によるものだからです。耳たぶの大きさや白髪の数のようなもので、本人にはどうしようもないし、望んでなったわけでもないのです。それぞれの体質は、生物学的な個性のひとつ、といえばいいのでしょうか。

 

 そうはいっても、少なくない方々が「申し訳ない」ように感じてしまうのはなぜなのか。これについて次回書いてみようと思います。

 

診察予約
お問合せ

診察予約
お問合せ

026-232-2205 026-232-2205

お気軽にお問合わせ下さい

  • 月-金 9:00~12:00
    17:00~18:00
  • 9:00~12:00