はじめに

初代院長の春日義一(現副院長の祖父)が善光寺のお隣の横沢町に医院を開いたのは、昭和18年ごろのことです。初代院長は、地域の医療を支えるために尽力し、「地域医療の春日医院」を形作りました。昭和40年からは、現院長・春日建邦が医院を引き継ぎました。

平成27年春からは、糖尿病専門医である春日広一が診療に加わり、医院の名前を「春日内科・糖尿病医院」と改めました。従来の内科診療だけでなく、糖尿病の専門治療を積極的に行っていきます。

糖尿病の治療というと、きびしい食事制限や減量指導などのイメージがありますが、当院では患者様個人のライフスタイルや生きがいにあわせて、オーダーメイドの糖尿病治療を行います。まずはお気軽にご相談ください。

院長紹介

春日 建邦(かすが たけくに)

長野県長野高等学校卒
千葉大学医学部大学院卒

千葉大学付属病院勤務
などをへて、
春日医院院長に。

内科、小児科、
検診、予防接種、
放射線科担当。

院長

<資格>
臨床内科専門医
日本糖尿病協会療養指導医
日本医師会認定産業医

副院長紹介

春日 広一(かすが こういち)

長野県長野高等学校卒
日本大学医学部卒

日本大学医学部付属病院、
長野市民病院勤務
などをへて、
平成27年4月より
春日内科・糖尿病医院
副院長。

糖尿病診療、内科、
検診、予防接種担当。

副院長

<資格>
日本内科学会内科認定医
日本糖尿病学会糖尿病専門医

【お問合せ】

 TEL:026-232-2205 

  お気軽にお問合せ下さい
診察時間 【月~金】 09:00~12:00
17:00~18:00
【土】 09:00~12:00